getflashplayer getflashplayer getflashplayer

HAIR CARE

ヘアテクニック集

スタイリングテクニック

4 URUOIヘアクリームオブヘア
getflashplayer getflashplayer getflashplayer
  • 手のひらに少量をとり、両手にしっかりとのばします。

  • 痛み易い毛先全体を両手で挟み、なじませるように油分を補っていきます。

  • パサつきやすい毛先を中心に、毛束毎に丁寧にオイルバランスを整えていきましょう。オイルバランスを整えることは、ヘアケアの基本です。

5 TSUYAYAKAナチュラルコートオブヘア
getflashplayer getflashplayer getflashplayer
  • 手の甲をパレットがわりに、少しずつ髪につけます。

  • 指通りの悪い部分を中心に、毛束毎に丁寧になじませていきます。

  • 両手にクリームを薄くのばし、ムラがでないよう髪全体になじませていきます。

  • ドライヤーの熱から髪を守るために、オイルバランスを整えておくことが大切です。

  • パサつきやすい毛先を中心に、毛束毎に丁寧にオイルバランスを整えていきましょう。オイルバランスを整えることは、ヘアケアの基本です。

6 KIMERUスタイリングジェルオブヘア
getflashplayer getflashplayer getflashplayer
  • 手の甲をパレットがわりに、少しずつ髪につけます。

  • 指通りの悪い部分を中心に、毛束毎に丁寧になじませていきます。

  • 両手にクリームを薄くのばし、ムラがでないよう髪全体になじませていきます。

  • ドライヤーの熱から髪を守るために、オイルバランスを整えておくことが大切です。

  • パサつきやすい毛先を中心に、毛束毎に丁寧にオイルバランスを整えていきましょう。オイルバランスを整えることは、ヘアケアの基本です。

7 MATOMERUファイバーワックス
getflashplayer getflashplayer getflashplayer
  • 手の甲をパレットがわりに、毛束ごとに少しずつワックスを付けていきます。指先で必要なところにファイバー成分をつけることがポイントです。

  • 前髪は毛束ごとに、流す方向に向けてつまむように付けていきます。

  • 両手にクリームを薄くのばし、ムラがでないよう髪全体になじませていきます。

  • カールのあるスタイルの方は、毛束毎に持ち上げるようにつけていくとキレイなスタイルをつくることができます。光沢感と持続力を楽しんでください。

7+ ASOBUハードワックス
getflashplayer getflashplayer getflashplayer
  • 手の甲をパレットがわりに、毛束ごとに少しずつワックスを付けていきます。動かしたい方向につまむように付けていくのがポイントです。

  • ボリュームを出したいポイントは、毛束の根元をつまみ、立たせるようにつけていきます。

  • 浮きやすい襟足は、根元にワックスをつけ前に引き出すようにするとタイトなスタイルになります。

  • ワックスを付ける毛束と付けない毛束を作るようにすることが、立体感と動きのあるスタイルをつくるポイントです。

8 FUNWARIウォーターフォーム
getflashplayer getflashplayer getflashplayer
  • 手のひらにゴルフボール大の量をとります。

  • 髪全体にムースを揉み込むようにつけていきます。

  • 髪の毛のなかに空気を含ませるように、やさしく下から揉み込みましょう。パーマやくせ毛を活かしたいときは、毛束ごとに持ち上げるようにつけると効果的です。

  • 付け足りない部分のために、再度手のひらにとります。一度に大量につけず、必要な量を見極めながらつけることがポイントです。軽くドライヤーをあてることで、マットな質感にすることもできます。

9 KIIPUオブスタイリングスプレー
getflashplayer getflashplayer getflashplayer
  • 毛先を高く持ち上げ、髪の毛束と毛束のあいだに空気を送り込むようにスプレーをします。

  • スプレーの成分が固まるまでの90秒間を使って、持ち上げるようにして揉み込むことが、柔らかい表情を加えるためのポイントです。